アーモンドプードルアレルギーにザイザルは効かない

アレルギー症状が出てしまったらすぐに、もしくは出そうだと感じた場合にはなるべく早い段階で薬を服用する方が良いという指示を出されている人もいます。
そこで服用する事になる薬が抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤と呼ばれる物です。
ザイザルは花粉症などの治療でも利用されるジルテック錠の効果の強さ、効き目の強さに関してはそのままの状態を維持しつつ、気になっていた眠気などの副作用を軽減した薬です。
また、1日1回の服用で済むので飲み忘れが少ない薬となっています。

しかし、ザイザル自体は全てのアレルギー症状に対して効果が発揮されるかと言ったらそうではありません。
アレルギーに関する薬には、やはり効果を発揮する面もあればなかなか対応しない、効かないと感じてしまう場合もあります。
人間にも得手不得手があるというのと同じだと考えれば良いでしょう。

ザイザルの場合は花粉症などの症状や、喘息などに効果が期待できる薬となっています。
反対に、じんましんやアトピーなどの肌に出る疾患の場合は、この薬ではなく別の薬が処方されるのが一般的です。
したがって、アーモンドなどのナッツ類に対してアレルギー症状を出してしまうナッツアレルギーの人には、残念ながらこの薬は効果が期待できません。
勿論、アーモンドは粒状になっているだけでなく、アーモンドプードルになっている場合も同様です。

基本的に、アーモンドプードルなどがアレルゲンとなるナッツアレルギーの場合は、ザイザルのような抗アレルギー剤ではなく、抗ヒスタミン剤が処方されます。
抗ヒスタミン剤は痒みやアトピーなどの肌に症状が出る疾患にも効果を発揮する薬だからです。
ただ、この場合はザイザルに比べると眠気を感じやすくなってしまうので、症状やアレルゲンに合わせて利用する薬を変えなければいけません。