ザイザルは咳止めに効果がある?料金は?

ザイザルは抗ヒスタミン剤と呼ばれる種類の抗アレルギー薬です。I型アレルギーの症状を引き起こすのは主にヒスタミンというケミカルメディエーターですが、このヒスタミンはH1受容体という受容体に結合することで症状を誘発します。ザイザルの有効成分であるレボセチリジンはH1受容体にヒスタミンが結合するのを防ぐことでアレルギー症状の発現を抑制します。ザイザルはアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、じんましんに主に使用されます。しかしながら咳が出る時にザイザルが処方されることがあります。ザイザルは咳止めとしての効果も有しているのでしょうか。ここからはザイザルの咳への効果に関して説明します。
ザイザルはアトピー咳嗽と呼ばれる咳の症状の際に使用されます。アレルギー反応が関与した咳の症状が出る代表的症例としては気管支喘息が挙げられますが、気管支喘息の場合には気道が狭窄し、ヒューヒューやゼーゼーといった呼吸音が特徴的に観察できます。しかしながらアトピー咳嗽の場合にはこういった呼吸音は確認できず、感染症も疑われず、ただ咳が出る状態が持続します。このアトピー咳嗽にはI型アレルギーが関与していると言われており、I型アレルギーの症状を誘引するヒスタミンも咳の症状に関与しています。このような場合にはザイザルなどの抗ヒスタミン剤は有効な治療薬となります。ただ比較的初期に開発された抗ヒスタミン剤の場合には副作用として口渇が起こることがあります。これは抗コリン作用によるものと考えられています。もちろん喉も乾きやすくなってしまうために、喉の症状をさらに悪化させてしまう可能性もあります。よって抗コリン作用の少ない比較的新しいタイプの抗ヒスタミン剤の使用がアトピー咳嗽には適しています。ちなみに薬価は1錠あたり105.8円です。1日1錠服用することになります。