目が腫れる前に治療薬物のザイザルを飲もう

毎年、春になると花粉症に悩まされるという人は少なくありません。
花粉症の原因となるアレルゲンは、有名なスギ花粉の他にもヒノキやハンノキの花粉など様々なものがあり、夏や秋に飛ぶ他の植物の花粉にアレルギー反応が起こるという人もいるので、実は花粉症で苦しむ人がいるのは春だけではないのです。
花粉症の症状は鼻水や鼻づまり、くしゃみの他に、目のかゆみなどもあります。
目のかゆみは初めはかゆいだけですが、症状が酷くなるとまぶたや結膜が腫れてきて涙が止まらなくなったり、更に重症になると結膜に浮腫が生じて白目がゼリー状に膨れることもあるので、そうなる前にザイザルなどの抗アレルギー薬を飲んで対策をするのがおすすめです。
ザイザルの主成分はレボセチリジン塩酸塩となっており、ヒスタミンH1受容体への拮抗作用を持つことにより、花粉症をはじめとしてアレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症などの治療用として処方される薬です。
ザイザルが処方してもらえる病院は眼科の他、耳鼻科や内科などがあり、病院によっては他の種類の抗アレルギー薬を使って花粉症などのアレルギー性疾患に対処していることもあります。
ザイザルの特徴は比較的即効性があり、副作用が出る確率も低いという点が長所となっています。
花粉症は大体花粉の飛ぶ時期が決まっているので、自分が花粉症で何の花粉がアレルゲンなのかを知っている患者さんは体調の悪くなりそうな時期を予想出来るものですが、ザイザルは花粉の飛び始める時期よりも前から飲んでおくことで、花粉症を予防し、症状を軽減出来るとされています。
そのような予防治療は花粉症の初期療法と呼ばれており、花粉が飛び始める1~2週間前に病院を受診して医師に相談することで、ザイザルなどの飲み薬や目薬などを早めに使い始める方法です。
この方法を使うと、花粉症が目が腫れるほど重症になるのを防ぐ効果が期待出来ます。